Sunday, June 25, 2006

Dungeon & Creatures

SecondLifeにおいて、何でも出来るということは自分の好きなゲームシステムもデザインできるということです。
概念はわかりますが、この目で見たことはないので、実際に"Eternal Fate"にて体験してみました。
まずは管理者であるMelanie Nadirさんにご挨拶。
ある意味、Game Masterですね。

In SecondLife, to be able to do anything is to be able to design my favorite game system.
It actually experienced in Eternal Fate because it had not seen by these eyes though the concept was understood.
It greets Melanie Nadir who is first the manager.
It a certain is meaning, and Game Master.
入り口付近にある説明書によると、どうやら、ここで売られている剣や弓、杖を装備していないと遊べないようです。
ちょっと高いと思いましたが、ここは奮発して死霊の剣を購入しました。

It seems not to be able to play according to the manual in the vicinity of the entrance if it doesn't equip it with the sword, the bow, and the stuff sold apparently here.
The sword of the Liche was bought making strenuous efforts here though it was thought it was high for a moment.


それでは雰囲気にあった手持ちの衣装で出発です。
Then, it is a departure with clothes on hand that exist in atmosphere.

途中、様々なクリーチャーがダンジョンを徘徊しており、倒すとランダムでL$を得ることが出来ました。
これは良い! と思い、クリーチャーを切り倒します。
幸運な時には、宝箱などが出現することあります。
一度だけ、宝箱から金貨を入手しました、これはMelanieさんに渡すと換金してくれるみたいです。
*** 後日、100goldcoinを100L$に換金していただきました。***

Various Crechares obtained the dungeon, and on the way, it wandered, and L$ was able to be obtained by knocking it down at random.
This is good, i thinks, and the creature is cut down.
The casket etc. appear and it exists when it is lucky.
Only once this that obtains the gold coin from the casket might be realized if it passes it to Melanie.
*** I had convert 100 gold coin to 100 L$ later. ***
途中、他のプレイヤーとも会い、パーティーを組むことに!
On the way, to meeting other players, and the union of the party.

そして、いよいよラストボス!
And, it last bosses !これが強い、強すぎる。
膨大な生命力と攻撃力で、とても一人では勝てません。
驚くべき事にここでアクシデント、剣が折れ、ダメージを与えられません!
どうやら寿命のようです、弓や杖は使用制限回数があるとわかっていたのですが、剣は折れるんですねぇ…。
急いで、格安の武器を買い直しましたよ。(^^;
その後、10回ぐらい死につつも、探索を成功することが出来ました。

This is strong, and it is too strong.
It is not possible to win very alone by huge vitality and the attack power.
The accident and the sword break to surprising thing here, and it is not damaged.
Do longevity, and, apparently, the sword is breaking, etc.
though the bow and the cane are understood when there is a use limitation frequency. It tried to buy cheap weapon in a hurry. :p
After it had died ten times, it punished, successed.

これも良い仲間がいたからこそ可能となりました。
終了後に一番お世話になった彼と記念撮影!

This became it a good companion when be able, too.
He indebted most after it ends and commemoration taking a picture.
市販のゲームにはとても及びませんが、なかなか楽しかったです。
改めて、SecondLifeの可能性を感じさせられました。
ただ、L$で購入すべき武器が必要などといった点があり、チケットと考えれば一種のアミューズメントパークになるのかな?
もうちょっと、気軽に楽しめるといいのですが…。
当然、L$を稼ぐには不向きです、ご注意を!

It was quite happy though did not at all reach a game on the market.
Again, the possibility of SecondLife was felt by me.
However, do weapon that should be bought with L$ be there a point like the necessity etc, become a kind of amusement parks if it is thought that it tickets?
Though it is good when it is possible already to enjoy it readily for a moment...
Attention!!
Naturally, it is inefficiency to earn L$ !!


ピンチの時こそ、人柄が現れる、それがSecondLife
The character appears only in the crisis, and it is SecondLife.

3 comments:

Seagel said...

Petraさん、ちわー。
おお、RPG楽しんでたんですね。
どんなモンスターがいたのか見たかった(X_X)
お金がかかるかどうかはゲームデザイン次第ですよねー。作者がどんだけ儲けようかと。土地の維持費を考えると、やっぱし高くなっちゃうのかなー。
モンスター倒さないと商品もらえないベンダー作ろうかな・・・あはは。

Seagel said...

うわ。再来訪までしていただいて恐縮です。モンスター見させていただきました。
しかしL$100がもらえて赤字となると、相当高そうですねぇ・・・。

Petra Ash said...

こんばんわ!
seagelさん、御来訪ありがとうございます。
再度、ご希望にお応えしまして、SS撮り直してきました。
管理人さんにお聞きしたら、まだまだ調整中で、アイテムやシステムは全てお一人で作成しており、いずれはSIMを2,3個増やして、楽しみやすくするつもりだそうです。
一応、提案をしてみたら、モンスターがアイテムを落とす確率を10%ほど上げてもらいました。 (^^